ラダトームの城
〜ラダトーム地方

ギアガの大穴を通ってきた勇者達がたどり着いた未知の世界の、あるほこら。その場所から一番近いところにあるのが、このラダトームの城下町だ。


a.ポイント

 バラモスを倒した君はアリアハンの城に戻り、王に謁見する。そして、みんなから祝福を受けていた時。突如暗い光と衝撃が世界を走り、その存在を現したのが「大魔王ゾーマ」だ。バラモスが真の親玉ではない、という事実を突如突きつけられた君。その事実から湧き起こるものは絶望感か、はたまた新たな冒険への期待感か。いずれにせよ、物語はまだ終わってはいない。
 そして次はどこへ行けばいいのか、ということになるのだが、あの「穴」を思いだしていただきたい。そう、バラモス城の東に不気味な口を開けている、ギアガの大穴である。
 そしてたどり着いた新しい世界、その出発点がこのラダトームの城下町である。新たな世界に慣れるため、情報を得るためにも、町の人々の話を聞いて歩きたい。


b.諸データ

到達レベル.34 宿屋.1G 教会.あり セーブポイント.ラダトーム王

盗賊×3
盗賊×7 最後×3


c.武器屋

買値攻撃(守備)装備できる職業
魔道士の杖1,50015
裁きの杖2,70035
ドラゴンキラー15,00077
隼の剣25,0005
魔法の法衣4,40030
ドラゴンメイル9,80045
天使のローブ3,00035


d.道具屋

買値
薬草8
毒消し草10
聖水20
キメラの翼25
満月草30
消え去り草300


e.建物

・ラダトーム城
階数. 3 主な人物. ラダトーム王、衛兵、
 3階、ということは、地下室があるということである。

・武器屋
階数. 1 主な人物. 武器屋主人
 普通の武器屋である。

・道具屋
階数. 1 主な人物. 道具屋主人
 構成としては普通だが、橋を渡った小島の先にある。

・宿屋
階数. 1 主な人物.
 食べ過ぎで苦しんでいる客がいる。ベッド数は1。

・教会
階数. 2 主な人物. 神父
 外から見ただけでは、教会とは分からないような建物。2階にカンダタがいる。

・民家(町の中央)
階数. 2 主な人物. ある老人、子供
 右側の部屋には呪いを解くことについて研究している子供、左側の2階にはゾーマの城間での道について、ヒントをくれる老人がいる。

・民家(町の南東)
階数. 2 主な人物. ある女
 「命の指輪」というアイテムについて、情報をくれる人がいる。


f.情報ボックス

・下の世界へようこそ
 君がやってきたこの世界、名前は「アレフガルド」という。朝の来ない、薄暗いその世界にここの住人達は一刻も早く、太陽の降り注ぐ世界になることを願っている。ある意味、異様な世界だ。
 この世界に、バラモスさえ下に従えている大魔王、ゾーマはいる。ラダトームの城下町から海を1つ隔てたところに島があり、そこに城が建っているのが見えるが、実はそこがゾーマの居城なのである。あんな手が届きそうなほどに近いあの城に・・・。しかしその近い距離、実際にたどり着くまでは遠い道のりとなる。
 この世界の敵は、全体的に上の世界のものより強力である。というより、アレフガルド全域で出現するモンスター全てが、ネクロゴンドの洞窟・バラモスの城に出現するモンスター達のレベルとほぼ互角か、それ以上なのである。ただ歩くことすら油断の許されぬ、厳しい世界でもあるのだ。

・隼の剣は有効なのか?
 この町の武器屋では、隼の剣という武器を売っている。この隼の剣、装備しても攻撃力はわずか5しかアップしないが、2回攻撃ができるようになるという代物である。はたしてこの剣、本当に有効性の高いものなのだろうか。
 ちょっとここで仮にこの剣と、例として武器としては強力なものの部類に入る稲妻の剣(攻撃力・85)を比べてみよう。これを装備する者の力が150だと仮定すると、攻撃力はそれぞれ、235、155となる。確かに一回だけの攻撃だと稲妻の剣の攻撃の方が大きなダメージを与えそうだが、隼の剣もこの155の攻撃が2回分となると、相当なダメージとなるだろう。実際には敵の守備力でいくらか状況が変わってくるが、基本的にはこの考え方が通用する。
 しかし、これは隼の剣を装備する者に、ある程度の力があるという前提が必要となる。例えばもし、これを装備する者の力が10だったらどうなるだろうか。この場合では稲妻の剣、隼の剣での攻撃力はそれぞれ、95、15となる。95の攻撃力なら中間レベルのモンスターが相手の場合、約40ポイントのダメージを与えることができるが、攻撃力が15では、とてもではないが敵にまともなダメージを与えることはできないだろう。それが2回攻撃であっても、焼け石に水である。
 ごく単純に考えてみる。この隼の剣は、装備する者の力がある程度強いということが前提となる、とは既に言ったが、これは当然、強ければ強いほど良いということでもある。ならば、隼の剣が有効となる装備者の力とは一体どのくらいになるのか、というのを示したのが、次の方程式である。

[(現装備武器攻撃力+力)<(5+力)×2]

 君の持っている武器の攻撃力をこの式に当てはめて、この式を満たす力の値を求めてみよう。その分岐点、つまり隼の剣を有効にするだけの力があるなら、迷わずこの剣を装備するといい。
 ただし、どんな攻撃力の時でもこの隼の剣が有効となる場合があるのを忘れてはならない。それがメタルスライム・はぐれメタルを相手にする時だ。奴らは、こちらがどんな攻撃力(このゲームで理論上持っていくことのできる最高の)で叩いても、基本的には1より大きいダメージを与えることはできない。つまり、攻撃力が300だろうと10だろうと、与えることのできるダメージは同じ「1」なのである(会心の一撃は別)。ならば、攻撃力が低くなってしまう隼の剣でも、このケースではそのデメリットが消えて、2回の攻撃ができるというメリットだけが残ることになる。さらに言えば、この2回攻撃ということによって、メタルスライム・はぐれメタル戦ではノドから手が出るほど欲しい、会心の一撃が出てくる確率もグッと上がるということである。道具の持ち数に余裕があるなら、隼の剣を持っておいて損はない、ということになるのである。

・三度目のカンダタ
 上の世界で君達が2度もこらしめてやった盗賊、カンダタ。ヤツはなんと、こちらの世界に来ているのだ。ギアガの大穴を通ってきた人間というと、何か凄い人間離れした超人であるというイメージがありそうなものだが、ヤツが通れるとなるとこの穴の通過は、実はそんなに難しいことでもないらしい。・・・いや、カンダタも既に常人ではないか。
 さすがに3度目ともなると、カンダタもこちらに戦いを挑んでこようとはしない。もう君の子分も当然?

・光り輝くご老人
 ラダトームの城の入り口を入って右側、そこにおられるご老人は、神懸かり的な力を持っている。君たちがその老人に話しかけると、彼は君たちを祝福してくれ、聖なる光によってパーティ全員のMPを完全に回復させてくれるのだ。一体彼は何者なのだろうか。
 しかし、その対面の前に宿屋に泊まってしまっていたら、彼の善意も半減してしまうことになる。彼に会う時はパーティ全員が、瀕死の重傷となっておくのが礼儀というものだろう。

・炊事場と地下室
 ラダトーム城には2つの隠れ階段が存在する。しかしそのどちらも、まともに歩いていては見つけることはできないだろう。そのひとつ、上り階段の方は、城の炊事場のどこかを押してみるとよい。地下室への階段は、城を出てしまうギリギリのところを探して歩いていればいいだろう。ポツンと階段があるはずである。そのうち、実際に重要なアイテムを隠しているのは片方だけであるのだが、もう一つの部屋の方も、そのアイテムの説明をするものとなっている。
 その重要なアイテムとは、「太陽の石」というものである。これはゲームをクリアする上で絶対に必要なものであり、探し出す必要のあるものなのだ。古くからのドラクエ通の方々には、懐かしい名前かもしれない。

・バラモスもゾーマの手下に過ぎない
 バラモスを倒した勇者達。しかしこちらの世界の人間は、それをあっさりとした言葉で片づけてくれる。「あら、バラモスなんて、ゾーマの手下のひとつにしか過ぎないのよ」・・・上の世界では、全ての支配者となっていたあのバラモスさえも従わせているというゾーマという存在。一体、彼の強さとはどんなレベルにあるのだろうか。
 しかし彼のそのあまりにも強い力は、あるものによって封じ込められてしまうと言う話だ。そう、それが「光の玉」なのである。それがないと、とてもではないがまともな勝負にはならないだろう。ゾーマの真の姿を倒すことのできるパーティ、それはこちらの世界でしばらくレベルを上げてから、ということになってくるのである。

 

back

indexへ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット