スーの村
〜スー地方

馬を飼って生活しているインディオ、スー族の村だ。フロンティア精神が旺盛な部族で、今も村の者が新たな開拓に出ているらしいのだが・・・。


a.ポイント

 スー大陸の南端にある河口から、細い川をどんどん上っていくと、この村が見えてくる。しかし、この村にたどり着くまでは、川が蛇行している、いくつにも枝分かれしている、川自体が長いなどといったこともあり、かなりの苦労を伴うことだろう。
 たどり着いたその先は、かなりのどかな雰囲気の村である。しかし武器屋などはしっかりあり、一見の価値はある。また何か特別な武器がこの村にあるという話も・・・。ただ、この村はそれ以上重要なものを持っているわけではないので、特にゲームの進行上で必要というわけではない。川上りが面倒だという方は、さっさと別の場所を目指そう。


b.諸データ

到達レベル.25 宿屋.5G 教会.なし セーブポイント.なし

なし


c.武器屋

買値攻撃(守備)装備できる職業
ひのきの棒52
こん棒307
毒針1010
棘の鞭32018
布の服104
ハデな服1,30028
武闘着80023


d.道具屋

買値
薬草8
毒消し草10
聖水20
キメラの翼25
満月草30
毒蛾の粉500
消え去り草300


e.建物

・武器屋
階数. 1 主な人物. 武器屋主人
 普通の武器屋だ。

・道具屋
階数. 1 主な人物. 道具屋主人
 普通の道具屋だ。

・宿屋
階数. 1 主な人物. 宿屋主人
 普通の宿屋だ。ベッドはなし。

・民家(村の北)
階数. 1 主な人物. ある老人、子供
 このスーの村よりさらに北、グリンラッドという島にいる老人についての情報をくれる。

・民家(村の東)
階数. 1 主な人物. ある男
 渇きの壺についての話をしてくれる人がいる。

・民家(村の南)
階数. 1 主な人物. ある老人
 スーから出ていった開拓者の行方を気にしている人がいる。この人の言うことは一体何を意味しているのだろうか。


f.情報ボックス

・油断のできない村
 スー大陸の奥地、全ての町・村の中でも、異彩を放っている村がここである。武器屋には誰でも標準装備している布の服が平然と売られており、そうかと思うと毒針のようなものも売っていたりと、油断も隙もない。道具屋の充実ぶりも、意外なところである。
 さらにこの村には、いかづちの杖という、道具として使えばベギラマと同じ効果を生み出す杖があるという。しかし、どこかに大事に保管されているのではなく、どうやらこの村のどこかに落ちているみたいだ。どこか怪しいところはないものか。
 探し疲れたら、井戸で水を飲んで落ち着こう。その付近に座ってくつろいでいると、何か見つけることができるかもしれない。

・しゃべる馬、その名はエド
 この村には、馬が何頭かいる。その中には、なんと言葉をしゃべることができる馬がおり、その名をエドという。エドはただしゃべるだけでなく、何か有用な情報をもっているらしい。その知能もかなり高いみたいだ。
 しかし、このゲームではこういった動物たちがいくつか登場してくる。しゃべるだけでなく、意味不明な行動を取る者、突然消える者、いろいろいる。そのどれもが、何らかのメッセージを君に伝えようとしているので、その意図を読みとるように努めたい。

・開拓者の行方
 開拓者達が作り上げた町、それがスーである。今もなお、どこかの地を開拓しようとしている者がいる、とは既に説明したが、その者は一体どこにいるのだろうか。スー大陸上で、スーの村からそんなに遠くないところ、しかも立地条件など良いところなどが考えられるのだが・・・。
 まずはこの村の近くから探してみよう。

 

back

indexへ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット