テドンの村
〜テドン地方

かつて魔王バラモスによって滅ぼされてしまったはずの村テドン。外見は確かに荒れており、ところどころ壊れているようだが・・・。


a.ポイント

 地理的にこのテドンの村は、バラモス城に一番近い。このことが災いしたのか、既にこの村はバラモスによって滅ぼされてしまっている。その姿は痛々しく、所々にその爪痕が残っている。しかし、ただ死んでいるだけの村ではない。そのことは、夜にここに来てみればわかる。
 この村にはかなり強力な武器・防具が売られている上に、最重要アイテムであるグリーンオーブや、闇のランプなどがある。ここまで来るのは船で細い川を上ってくるなど、なかなかの困難が伴うが、このテドンに来ずしてゲームのクリアはない。面白い村なので、来てみる価値はあることに変わりはないのだが。


b.諸データ

到達レベル.22 宿屋.31G 教会.あり セーブポイント.なし

最後×1


c.武器屋

買値攻撃(守備)装備できる職業
理力の杖2,50055
大金槌6,50055
ゾンビキラー9,80065
魔法の鎧5,80040
魔法の法衣4,40030
青銅の盾1807
鉄仮面3,50025


d.道具屋

なし


e.建物

・武器屋
階数. 2 主な人物. 武器屋主人?
 昼間に来てみると、宝箱を手に入れることができる。夜は普通に営業・・・。

・宿屋
階数. 1 主な人物. 宿屋主人?
 夜のみの営業。ベッドはない。

・教会
階数. 1 主な人物. 神父?
 ここも夜しか開いていない。

・牢獄
階数. 1 主な人物. 衛兵?、罪人?
 昼間は屍が横たわっているだけだが、夜に来ると素晴らしいものをもらえる。

・民家
階数. 2 主な人物. ある老人?
 夜来てみると、老人がいる。何か良い情報を教えてくれるようだ。


f.情報ボックス

・ルーラで来られない村
 この村とムオルの村は、ルーラやキメラの翼で来ることができない。ここに来るときには、しっかりとアイテムなどを持参してくるようにしよう。たとえば何か買い物をしようと思ったときでも、ルーラのリストに入っているときには一度来るだけでよいのだが、ここではそうはいかないのである。ゴールドをしっかり持って訪れたい。
 また、この村もアッサラームと同様、昼と夜が全く違うという二面性を持っている。昼と夜の両方に来てみるのもいいだろう。

・夜生き返る町
 バラモスによって滅ぼされてしまった、はずの町であるテドン。昼間は本当に「死んで」いる。荒れ地が目立ち、建物はボロボロになっていて、生きた人は一人もいない。
 しかし、夜にここに来てみると、全く違った様相に驚くことになるだろう。死んでいるはずの人が生きており、店もちゃんと開いている。宿屋も営業しており、人々も町の中を歩き回っている。はて、これはどういうことなのだろうか、ということになるのだが、とりあえず店などは開いているのだから、ここできちんと買い物をしておこう。その帰りに宿屋にでも泊まったら・・・朝になってみると、誰もいなくなっている。・・・。

・オーブを手に入れよう
 この村には6つあるオーブの内のひとつ、グリーンオーブがある。どうやって入手するのか、ということを考えてみると、何となく牢獄が怪しいということに気づくだろう。この牢獄、昼間には骨と化した屍が横たわっているだけだが、夜に来てみると・・・。牢獄の扉を開けるためには、最後の鍵が必要となるが、このカギを入手したならまずここに来てみよう。

・夜を呼び出すアイテム
 この町には、「闇のランプ」という、使えばたちまち夜になってしまうというアイテムがある。これは、アッサラームやテドンのような、昼と夜で違った姿になる町・村に来る必要があるときには有効だろう。あとは、気分的に昼が嫌になったとき、くらいのものか。機能的に、昼と夜をどちらでもひっくり返すことのできる、ラナルータの呪文よりは劣る。

 

back

indexへ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット