ノアニールの村
〜ノアニール地方

カザーブの村の酒場で聞いた、眠りの村だ。ほとんど全部の人が、立ったまま眠っているのだ。


a.ポイント

 カザーブからちょっと足を延ばせば、この村にたどり着くだろう。しかし入ってびっくり、ほぼ全員がぐうぐう眠っているのだ。これでは何もできない。セーブするポイントもないので、命からがらこの村に飛び込んでしまったら、困ったことになるだろう。
 この村はゲームの進行上、別に来なくても構わない。しかし、この村から得ることのできるヒントは結構なものになるので、来ておいて損はないはずだ。


b.諸データ

到達レベル. 12 宿屋. 5G 教会. なし セーブポイント.なし

盗賊×3


c.武器屋

なし


d.道具屋

買値攻撃(守備)装備できる職業
魔道士の杖1,50015
見かわしの服 2,90020
聖水20
キメラの翼25
満月草30
まだらクモ糸35


e.建物

・宿屋
階数. 2 主な人物. 宿屋主人、ある客
 ここの2階には、オルテガに思いを馳せる人がいる。ベッド数は3。

・道具屋
階数. 1 主な人物. 道具屋主人
 店内にはテーブルといすがある。主人は店内を動き回っている。

・北東の民家
階数. 1 主な人物. ある老人
 この老人は、ロマリアから南について何か知っているみたいだ。

・南西の民家
階数. 2 主な人物. ある老人
 ここに住んでいる老人は、目覚めたことがとてもうれしいみたいだ。


f.情報ボックス

・この村が目覚めてから
 村人を眠りから覚ますには、「目覚めの粉」というアイテムが必要となる。このアイテム、どうやらこのノアニールの村の近くにあるといわれる、エルフの隠里の長が持っているという話なのだが・・・。というわけで、まずはエルフの隠里から探してみよう。  村が眠りから覚めたら、村の全ての人と話してみよう。これから先の進み方を教えてくれる。

・魔道士の杖をふりかざせ
 この村の道具屋で売っている、魔道士の杖という武器は、ただ装備して敵を叩くだけのものではない。戦闘中に道具として使うと、メラと同じ呪文効果を発揮するのだ。この敵に与える約10ポイントがこの頃にどういう意味を持っているかはわからないが、とりあえずMPを消費しないというのはありがたい。

・身かわしの服は割高?
 このゲームには様々な武器、防具が登場してくる。その攻撃(守備)力、値段には様々なものがあるが、一般的に値段が高くなるほど、その攻撃力なども高くなっていく。そして値段が高くなるほど、価格の割に攻撃力などは高くならなくなっていく。値段が倍だから、攻撃力も倍、というふうにはならないということだ。  そこで、値段をこの攻撃力などで割ったもの、つまりコストパフォーマンスについて考えてみよう。例えばここで取り上げてみる身かわしの服などは、値段(2900ゴールド)の割には守備力は高くない。同じ守備力20のものでも、くさりかたびらなどはたったの480ゴールドである。なぜこういうふうになっているのだろうか?  その答えは、汎用性というところにある。この身かわしの服は全職業が、つまり防具で装備できるものがなかなか見つからない魔法使いでも装備できるのである。そのためのプレミアが、価格に反映されているのである。こういうポイントはこのゲームに結構潜んでいるので、考えを巡らせてみるのも良いだろう。

 

back

indexへ

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット